ニート・スネップ・フリーターの違い

ニートとスネップの違いとは

現在世界的にニートと呼ばれる人たちが増えているということですが、最近また新しくスネップと呼ばれる言葉が生まれました。
では一体、ニートやスネップ、フリーターの違いとは何なのでしょう?

 

 

・ニートとスネップの違い
ニート(NEET)とスネップ(SNEP)と呼ばれる人たちを簡単に言うと

 

ニート+孤立無援の人=スネップ

 

となります。
孤立無援の人というのは「家族以外の人と2日連続で接していない」というのが条件。
ネット上では「ぼっち」+「ニート」=スネップとも言われています。

 

またニートは若年層の人たちを指しますが、スネップは20歳以上59歳以下と定義されています。
年齢的にもスネップの方が広いですね。

 

 

それぞれの定義は以下で説明しています
ニート(NEET)とは
スネップ(SNEP)とは
フリーターとは

 

 

それぞれの日常として、ニートやスネップは家に閉じこもっている方が多いようです。
ニートの中にはネオニートや親からの援助等で友達と遊んでいる場合も見かけられます。
しかし、主には家でネットや、ゲームで時間を潰している人が多いようです。
フリーターの方は、アルバイトなどがありますので、社会とのつながりは有ります。

 

ニートやスネップの人たちは、どのように生活費を算出しているかは、色々なタイプがあります。

  • 親からの援助
  • 今までの貯蓄を切り崩す
  • 借金を作っている

様々ですが、まだ社会に出れる年齢のうちはどんどん社会復帰を目指してほしいです。
ニートやスネップの人でも借りれる金融もあるようです。
借金を作ってる人も多いようで、首が回らなくなるうちにしっかりと返済できるようになってほしいですね。
家の解体などならないようにしましょう。

 

今後、高齢化社会が進んで若年層が大変になっていくのは目に見えているので、これから政府、国にしっかりとした雇用政策を実施してもらいたいものです。

 

 

1通貨単位のFX口座