フリーター家を買う

フリーター、家を買う。

フリーター、家を買う。という小説があり、2010年にドラマ化して一躍有名になりました。
ドラマは嵐の二宮君が主演でした。

 

概要

大学を卒業して就職までは無事に言っていたものの、就職先の環境が主人公に合わず3か月ほどで仕事を辞めてしまう。
そしてその後だらだらとフリーター生活を続ける。
しかし母が病気に陥ってしまうと、それまでの生活を一変させ一生懸命に頑張る主人公の成長がみれます。

 

背景

現代的な描写で人気を得たフリーター、家を買う。ですが、実際にフリーターといわれている人は増え続けているというデータがあります。
さらに、フリーター以外にもニートやスネップなどという言葉も生まれていて、若年層が社会で頑張れる状況が少なくなっている背景もあります。
このドラマに描かれていることも、実際に起こりうることです。
現実的に社会に出ず、閉じこもっている人などには何かきっかけを与えてあげないと、社会復帰が難しいのかもしれません。
このドラマでも、母の病気をきっかけに主人公が本来の自分を取り戻し、活躍していく姿がうつされています。
うつ病などの精神病も多くなっていて、国レベルでこの問題を解決していく必要があります。

 

 

フリーター、家を買う。は2011年にスペシャル番組としても放送されています。

関連ページ

フリーターの年収ってどれくらい?
フリーターの人たちの年収はどれくらいあるのでしょうか?アルバイト掛け持ちしている人もいます。