社内ニートとは

社内ニートとは

社内ニートとは、ニートの派生語の一つであり、働いてはいるが、社内で仕事がなく大した労働をせずに机に座って暇をつぶす人のことを指します。

 

窓際族という言葉があり
出世の道から外れた中高年で仕事も与えられず、席も窓際に追いやられた人。
とあるが、窓際族は言うならば中高年で定年間近というイメージを持った言葉であるのに対して、社内ニートは若年層も含まれている。

 

社内ニートは一見すると仕事をあまり行わないため楽そうに見えるが、将来の不安が常に付きまとう立ち位置。
そのためにモチベーションなどが持続できず、うつ病などにかかる可能性も上がってしまう。
一度うつ病などにかかると、再度社会復帰までの時間も要してしまい、そのまま社会復帰できない人、つまりニートになってしまう人も少なくない。

 

なぜ社内ニートが生まれるのか?

現状では正規雇用されている人を簡単に解雇できないなどの場合もある。
またコネなど強力なバックがある場合は、仕事をせずとも許される場合もあるのが現状。

 

後者のように気楽な身分の人はいいが、社内で干されてしまうと周りの目もあるために非常に居心地が悪くなる。
会社としてもいろいろな社会的な立場上人を削れない場合も有り、問題視されている。

 

 

実は社内ニートという言葉が生まれたのは最近のことであるが、このような人たちは昔から存在していたといわれている。
テレビや新聞などが「社内ニート」として取り上げたために、近年クローズアップされ始めた。

 

 

現在日本が抱えている問題の一つともいえる社内ニートは、雇用等の規制が変わらないと解決には至らないという見解もあり、すぐすぐどうにかできるような問題ではなさそうです。

関連ページ

ネオニートとは
ネオニートとはどういう人か?ネオニートの意味や定義を説明します。
セレブニートとは
セレブニートとはどういう人か?セレブニートの意味や定義を説明します。
恋愛ニートとは
恋愛ニートとはどういう人か?恋愛ニートの意味や定義を説明します。